TOP > スポンサー広告 > 競馬場コース分析TOP > コース分析 > 競馬場コース分析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


競馬場コース分析

ようやく寒さが上向いてきて冬眠から覚めれそうなクリスエスがお送りします、競馬場コース分析



今回のコースは阪神芝(内)1400m

日曜には阪急杯(G3)が行われるコースです。

さっそく解析結果を見てみましょう。

阪神芝(内)1400


分析・全クラス平均

スタートは2コーナーの引き込み線で、まず向正面を通って約450mの直線を通ります。

ここは特に起伏もなく、純粋に短距離ペースで先行争いが行われます。

そして3コーナーに入ると同時にペースが落ち、4コーナーからスパートし始めると言う簡単な流れになっています。

このコース最大の特徴は、ラスト200mでの失速です。

スタート以外に加速している部分がほとんどないのに、0.45秒も失速しているんです。

これにより他のコースより格段にスタミナが求められる。


ここでさらに同じ西の京都との比較を見てみましょう。

1400m比較阪神・京都(外)

東の東京・中山が違いすぎるせいか、京都と阪神はよく関連付けられる競馬場ですが、この距離では前々違うことが分かります。

京都の方がテンが緩く、その分スパート時に加速できています。

対して阪神はテンが速く、その分加速がほっとんどありません。

阪神の方がテンが速い・上がりがかかる・スタミナがいるというポイントを使えば、京都との入れ替わりで上手く穴馬を探せそうですね。



分析・阪急杯

スタートはほぼ平均と同じですが、MAXのスピードは少し遅いですね。

その代わりMAXのスピードをほとんど維持したままずーっと展開していくんです。

高いスピードの持続力はまず第一に必要です。

そして極めつけはラスト200mでの失速。

短距離では異例のなんと-0.77秒

これによりスタミナがより一層求められるんです。

その証拠に、スタミナとは逆の切れ味を武器とするサンデーサイレンス系の血統を持った馬は、ほっとんど馬券圏内に来れていません。


阪神芝(内)1400mチェックポイント
・スタミナ
阪急杯チェックポイント
・スタミナ!!
・持続力





今週は以上・・・ではなく! 開催前に以前予告した中山記念の分析も掲載します^^

とりあえず来週新たに分析するコースを予告しておきます。

来週は阪神芝(内)1200mを、高松宮記念の分析を先取りしてお送りしたいと思います☆

それが終わるともう阪神も終わり、まとめが掲載できるんで僕も気合が入ります!

それでこれからもコース分析をよろしくお願いします^^


~そのワンクリックがやる気につながります! ほんとに!!~
 ↓↓↓↓↓


トラックバック

2011 阪急杯 データ分析

GI につながる重要な一戦!「第55回 阪急杯」 昨年のこのレースを制したエーシンフォワードは、続く高松宮記念で3着に入り、秋にはマイルチャンピオンシップを勝利。一昨年の2着馬ローレルゲレイロは高...


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。