TOP > スポンサー広告 > 競馬場コース分析・まとめTOP > コース分析 > 競馬場コース分析・まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


競馬場コース分析・まとめ



阪神競馬場まとめ


基本データ(Aコース)
内回り一周:1689.0m
直線:356.5m
外回り一周:2089.0m
直線:473.6m

全コースグラフ一覧
全コース図

全コースデータ表
まとめ表
    ※データの定義
  • ラップ・テン
  • スタートから3F(600m)までのタイムです。
  • ラップ・上がり
  • ゴールまで残り3F(600m)の地点からゴールまでのタイムです。
  • スパート・加速
  • ラストスパートの中で最も大きくラップが上がった箇所の、上がった分の値です。値が大きいほど瞬発力が必要だと言えます。
  • スパート・減速
  • 最後の200mでタイムの下がった分の値です。値が大きいほどスタミナが必要だと言えます。
  • 変化量
  • ラップの変動の値を合計したものです。値が大きいほど長距離的であると言えます。


分析・内回り

内回り

*1200m

 特徴ひとつ目はスタートの遅さです。スタートしてすぐに3コーナーに入るので、競馬で最も速くなる2F目でのスピードが伸び悩むんですね。これは京都と同じ特徴で、京都もスタート後すぐ上り坂に入ることからテンが遅くなりがちです。

 そしてふたつ目の特徴は、ゴール前での失速っぷりです。ラスト200mでの失速は実に0.53秒。道中下り坂な点を考えると甚大で、いかに最後の坂が影響しているか分かります。

ポイント:遅いテン、ラストの坂

狙い目:距離短縮の先行馬


*1400m

 こちらはテンのスピードもしっかり出て、というかなだらかですがスタートから下り坂なので、1400mではかなりテンが速い方です。

 そしてこちらもラストの上り坂に応えてラストの失速は0.45秒。上がり3Fの35.66は短距離とは思えない遅さで、他場より上がりがかかるのが特徴です。

ポイント:速いテン、上がりがかかる

狙い目:1200mで差し損ねていた差し馬


*2000m

 大きな特徴は、スタート~中間の遅さです。1000m通過の平均が62秒というのはいくらなんでも遅すぎですよねw これの原因は簡単で、スタート直後に上り坂があること、そしてすぐに1コーナーに入ってしまうことです。よってマイル以下からの距離延長は折り合いに注意です。

 そしてもうひとつ大きな特徴は、3コーナーの下り坂をきっかけに始まる800mのスパートです。800mスパートと言えばもちろん京都ですが、このコースでも起こるんですねぇ。だからこのコースも持続力が大事。それはラストの失速たったの0.36秒というのが物語ってます。

ポイント:スタートからの緩さ、800mスパート

狙い目:1800m以下で後手を踏んでいた馬の距離延長


*2200m

 このコース最初の特徴は、非常に大きなペースのギャップです。スタートからハイペースで飛ばしたかと思えば、1コーナーに入るとガクンとペースが中距離最遅レベルまで落ちます。そして落ちたかと思えば向正面から再び加速。淀みない流れとは真逆の進み方ですね。

 そしてコーナーで落ち過ぎたタイムを取り戻すように、向正面からなんとゴールまで加速し続けるのが最大の特徴です。これにより、1400mの加速中大きく瞬発力が求められることもないのにラストの失速が0.58秒にもなるんです。ですのでスタミナは必須です。

 この加速を細かく見ると、残り800mから始まる下り坂でさらにペースが上がっているのが分かります。つまりここから800mスパートが行われている。これは京都中距離と、先述の阪神2000mに共通する特徴です。

ポイント:目まぐるしいペース変化+1400m加速=スタミナ、800mスパート

狙い目:京都で切れ負けした馬




分析・外回り

外回り

*1600m

 このコース最大の特徴は、前半600mより後半600mの方が速い後傾ラップになるということです。通常マイル以下はテンから全力を出し、徐々にペースが落ちていく流れになります。しかしこのコースは逆で、非短距離的、中距離的であると言えます。

 それゆえタメが作れ、瞬発力が求められる。スパート時の加速が0.73秒ですから、中距離並みの相当な切れが求めれています。

 そして最後に注目したいのが、ゴール前での失速の大きさです。その値実に0.77秒で、阪神コース最大となります。中距離的な流れをむりやりマイルに圧縮したわけですから負担も大きいというわけです。よってスタミナも求められることは要注意です。

ポイント:中距離的、瞬発力、スタミナ

狙い目:他場のマイルで差し損ねた馬、中距離で先行していたことのある馬


*1800m

 最初の特徴は、スタートからコーナーまで600m以上もある向正面の長さです。大きな起伏もないこの長い直線で先行争いが白熱し、テン3Fがマイル以下と遜色ない程速くなるんです。

 そしてやはり外回りらしく瞬発力は相応に求められます。スパートの加速はマイルと同じ阪神最大級の0.73秒。ただし最後の失速が先述のマイルより少ないので、マイルの厳しい流れが堪えた馬はこちらの方で上昇が見込めるでしょう。

ポイント:テンのスピード、瞬発力

狙い目:マイルで差し損ねていた馬の距離延長


*2400m

 このコースは他の阪神コースに比べていたって単純です。スタートから加速しコーナーに入るとペースが落ち着く。向正面もあまり変わらず流れ、3コーナー後半あたりから徐々に加速し始め、4コーナーでトップギア。下り坂の直線でトップスピードに乗ると、最後の坂で失速してゴール。典型的なクラシックディスタンスで切れ味勝負になるコースです。唯一ポイントを上げるとしたら、4コーナーからスパートするので800mスパートになることです。それゆえ京都実績のある馬の信頼度は多少高くなります。しかし基本的には実力がそのまま結果につながるコースと言えるでしょう。

ポイント:中長距離適性、瞬発力

狙い目:あえて書くなら京都で差し損ねた馬



阪神競馬場まとめ

瞬発力が求められるのは外回りのみ。内回りは距離によって全く特色が異なるのでその都度ポイントを見極める。




今週は以上です。


今回のまとめは比較的簡素な雰囲気になりましたがいかがだったでしょうか?


来週は東京芝1400mを分析します。


実は東京も残すところ1400m・2400mを残すのみとなりました!


クラシック前に中央4場制覇して、馬券力アップを目指しましょう!


いつものように拍手ボタン押していただけるありがたいです^^



トラックバック

2011 フィリーズレビュー データ解析

2011年 フィリーズレビュー *過去10年が対象 フィリーズレビュー データ分析 中山牝馬ステークス データ分析 中京記念 データ分析 阪神スプリングジャンプ データ分析 ◆...


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

No title

素晴らしいの一言ですね。
VACATIONさんと交流が持てて本当に光栄です^^

No title

ブログで万馬券量産中の火拳さんにそんなこと言ってもらえるなんて・・・ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル
身に余る言葉、本当にうれしいです><
競馬歴同じですし、高め合っていければいいですね♪
非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。