TOP > スポンサー広告 > 競馬場コース分析TOP > コース分析 > 競馬場コース分析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


競馬場コース分析

競馬場コース分析



東京芝2400m

東京競馬場の代名詞とも言えるこのコース。日本ダービーやジャパンカップでのスタンド前発走は本当に盛り上がりますよね。

それでは解析グラフを見てみましょう。

東京芝2400


分析・全クラス平均

 流れを順に見ていきましょう。

まずは先に述べた通りスタンド前からのスタート。

そこから約400mで1コーナーに入ります。

スタートしてからすぐにコーナーに入るイメージがありましたが、案外距離あるんですね。

そしてコーナーに入ってペースが落ち着くんですが、2コーナーから再びペースが上がります。

これはおそらく1コーナー途中から始まる下り坂のせいでしょう。

向正面に入ると再び落ち着き、さらに向正面後半から3コーナー前半にかけてある丘の上り坂で完全に息が入ります。

そしてここからがポイントなんです。

直線の長さから瞬発力ばかり求められる印象の東京競馬場ですが、このグラフを見ると残り1000m、3コーナーから明らかにラップが上がっています

ペースを上げながらコーナーを回り、そしてみなさんのイメージ通り525mの直線でスパートです。


ミニコラム:瞬発力と前傾ラップ

興味のない方は読み飛ばしていただいて結構です(^ ^;)
今回のグラフにあるスパート前の加速。
瞬発力が求められるのになぜスパート前に加速しているかと言いますと、、、
まずは他の瞬発力のいらないコースを考えてみることにしましょう。
瞬発力が要らない、厳密には発揮できないコースというのは、前傾ラップになりやすいコースであることが多いです。
実は前傾ラップと瞬発力は二律背反なんです。
瞬発力を発揮するには溜めが必要です。
しかし前傾ラップの場合、脚をためる余裕もなくペースが流れていき、瞬発力を発揮できないまま終わってします。
逆に言えば最後の方で余裕がないからこそ前半よりも後半の方がタイムが遅くなって前傾ラップになるわけです。
つまり、溜められるとは後半に余力を残しておくと言うことです。
それには相応にペースが遅くなる必要があるわけです。
ここでもう一回前傾ラップを考えてみると、前傾ラップの場合、スパート時は苦しい中踏ん張って加速しています。
既に今あるスタミナで出せるスピードの限界近くまでスピードが出ているので、加速の幅も少ないわけです。
逆に瞬発力が発揮できる流れの場合、スパートしようとする時にはまだまだ出せるスピードに余裕があります。
そんな状況で一気に加速するのは果たして可能でしょうか。
車で言えばローギアからいきなり5速にチェンジさせるようなもので、めったにできるようなもではないでしょう。
つまり、スパート前の加速は、トップギアに入れるための準備なんです。
そしてこのようにスパートの準備⇒一気に加速という流れは、他のただ1000m連続で少しずつ加速しているコースとは、同じ1000m加速でも全く違います。
どっちがきついかと言われたらもちろん前者。そこが東京を始めたとした中央主要四場で通用するか、ローカルでくすぶるかの大きな違いだと考えます。


コラムが長くなりましたが本題に戻りますと、確実に瞬発力は必須です。

そしてスパート前の加速も含めた1000mの加速に耐えられるスタミナ、それ以前で無駄に脚を使わない折り合いも必要です。



東京芝2400mポイント
*瞬発力
*スタミナ
*折り合い






今週は以上です。

コース的には特別なところがないので、コラムで読みごたえをプラスしてみましたがいかがだったでしょうか?

分かりにくければ質問いつでも受け付けてます!

来週はついに東京競馬場まとめを掲載します!!

これを読めば、今までの中山・京都・阪神と合わせてかなり競馬場ごとのイメージというのも掴めてくるんじゃないでしょうか!?

それではまた来週☆

↓↓↓↓↓クリックしてもらえるとやる気出ます!


コメントの投稿

No title

すみませんたびたびの質問させて下さい、クリスエスさんの説明で瞬発力とスタミナが必要なことは分かりましたが、今週のダービーのように雨で重か不良馬場の可能性が高い場合は求められる適正はスタミナ重視に比重は変わりますか?それとも脚質や他の適正が重要になりますか?

No title

 いつも読んでいただきありがとうございます。

 結論から言えば、適性は変わります。しかし単純にスタミナ寄りになるだけではありません。
 まず、馬場が水を含むと柔らかくなります。それにより脚力が十分にスピードに変換されず、スピードが出にくくなる = スピードを出すのが大変になります。いつもより走るのが大変になるんですから、それはそのままスタミナの比重が高くなることとイコールです。
 けれど、道悪適性の高い馬とそうでない馬とでは、同じ馬場を走ってもロスするスタミナが違います。なので適性比重を仮定してみると
良・・・SP:6, ST:4, 道悪:0
重・・・SP:4, ST:4, 道悪:2
と、こんな感じになるイメージです。あくまでイメージですよ?ww


 ここからは余談ですが、今年の2月に重賞攻略マニュアルで中山記念[G2]を分析したことがあります。このレース、2003年から2010年までの過去8年で綺麗に良4回、道悪4回ずつ施行されているんです。そしてこれを馬場ごとに分析してみると、タイムは当然道悪の方が遅いんですが、レースの流れ自体はほとんど同じだったんです。つまり、根本的にはレースの流れは馬場よりもコースに左右されると言えると思います。ですのでこれから先重馬場になった時も今回と同じような考えでアプローチしていくことが有効になると思います。

参考:『中山記念攻略マニュアル』
http://kovacation.blog117.fc2.com/blog-entry-708.html

No title

これはとても興味深い内容で特にレースの流れ自体がほとんど変わらないとは驚きですね、まさにコース分析の醍醐味ですね。
今回のありがたいデーターを基本に道悪適正とスタミナのある馬を見つけて的中したいと思いますが、これが一番の悩みですね。
血統で調べるとすると単純に長距離血統を調べればいいものでしょうか?悩みますが頑張ってみます、今回も本当に有難うございました。
非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。