TOP > スポンサー広告 > きさらぎ賞回顧と次走注目馬TOP > メイン展望&回顧 > きさらぎ賞回顧と次走注目馬

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


きさらぎ賞回顧と次走注目馬

きさらぎ賞  ◎レーヴドリアン 1人気 2着      kisaragibaken.jpg

例年よりも、ややテンが速く、やや上がりがかかったレースラップ。

とはいえ、ペースが極端に速いわけでもなく、落ち着いた平均ペースの流れ。

本命レーヴドリアンは大きく出遅れたわけでもないが、安全策と考えてか最後方からの競馬。
(それほど、スローにはならなかったから結果的には良かったが.....)

直線では、大外からダントツの上がり最速34.1の末脚で伸びてきたが、内のネオヴァンドーム

をハナ差かわせず2着。個人的には、馬単(4点)を購入しており、相手馬に5番人気

ネオヴァンドームを抜擢していただけに悔しいが.....

ネオとレーヴは、賞金的にクラシック出走はとりあえず安泰。
(欲をいえば、レーヴにはもう少し皐月賞を意識した乗り方をして欲しかった。)

もちろん、例年並みの勝ち時計、(ものさしとなる)朝日杯3着のダイワバーバリアンより

先着したことからも勝ったネオもフロック視せずに評価すべきで、皐月賞にも乗りにくる

強力な鞍上を得て、クラシックの主役を脅かす存在になった。

インペリアルマーチの評価は難しいが、斜めからのパトロール映像を見る限りそれほど不利を受けた

ようには見えない。少なくとも、馬体がもっと絞れなければ、クラシック出走は微妙。


次走注目馬

日曜 京都10R 飛鳥S

ヤマニンウィスカー  7着

今回の敗因は、前に行ったことが全て。もともと控える競馬を得意としており、

今回は展開も向かなかった。距離ももう少し長いほうがいい。

もともと3歳時には、白百合Sでイコピコと僅差や菊花賞6着など、素質は高い。

2走前にメインストリーム、3走前にトップカミングの2着なら、もう次は順番。

不死鳥







コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。