TOP > スポンサー広告 > 【復習】マイラーズC回顧TOP > メイン展望&回顧 > 【復習】マイラーズC回顧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【復習】マイラーズC回顧

マイラーズC回顧

不死鳥です。

回顧をアップするのが遅れてしまいましたが、

マイラーズCは安田記念へ向けての重要な1戦なので

お休みすることなく、回顧をアップしたいと思います。

【展開&ラップ分析】

11'
12.4-11-11.6-11.6-11.4-10.9-11.5-11.9


11'良12.4-23.4-35.0-46.6-58.0-68.9-80.4-92.3(シルポート) 
10'良12.5-23.4-34.8-46.8-58.6-69.9-81.0-92.9(リーチザクラウン)
09'良13.0-24.8-36.2-48.3-60.2-71.2-82.2-93.9(スーパーホーネット)
08'良12.8-24.1-35.5-47.2-58.8-70.0-81.2-93.6(カンパニー)
07'良12.4-23.8-34.9-46.6-58.2-69.6-80.3-92.2(コンゴウリキシオー)
06'稍13.2-24.7-36.7-49.2-61.3-73.0-84.3-96.2(ダイワメジャー)

 予想された通り、ハナを切ったシルポートが単騎で逃げた流れは半マイル通過46.6秒と決してスローではなく、平均的な流れ。むしろ過去10年のマイラーズCの中では半マイル通過が3番目に速い。ただし、ここで注意しなければならないのは離れた2番手以下の通過タイム。レース映像からの目測だと恐らく半マイルを47秒台前半ぐらいで通過しており、離れた2番手以降の集団は(逃げたシルポートとは関係なく)かなりスローな流れの競馬をしていた可能性がある。スロ-な流れで追走することになった2番手以降のグル-プは最終週とはいえ、まだ外差しが決まる馬場に変貌していなかった阪神の馬場も生かして、2着、3着が道中2、5番手による前目の決着になった可能性は否定できない。
 逆に(決してSペースではなく)離して逃げ切ったシルポートは評価したい。シルポ-トは昨年のマイラ-ズCでも半マイル通過46.8秒のペースで逃げたが、後半は失速して【46.8秒⇒47.0秒=1.33.8】の12着。今年は直線でまだ余裕があったように楽々と【46.6秒⇒45.7秒=1.32.3】をマ-クしたのだから、この馬自身のパワーアップは明らか。比較する上でそれが顕著に表れているのが中盤のラップ。昨年の4F~6Fは【12.0-11.8-11.3=35.1】とペースがそれほど上がらなかったために後続集団に一気に差を詰められていたが、今年は【11.6-11.4-10.9=33.9】と一気にペースを上げて後続との勝負をつけてしまった。それでいて最後の直線でも余裕十分に【ラスト1F=11.9秒】を刻まれては後続の馬にとっては成す術なしといった感じ。
 あとはこの馬の場合、気分よく単騎で逃げられるかにかかっていると言っていいだろう。今回の勝ち時計もコースレコードに0秒3差まで迫る1分32秒3だったように、この得意の形に持ち込むことで最大限の力を発揮でき、おそらくGⅠでも好走可能だと思わせる。


【レースレベル&今後の展望】

 マイラーズC組の今後の展望は安田記念ということになる。以下は、過去10年のマイラーズカップ勝ち馬のその後の安田記念での成績である。

勝ち馬()内はマイラーズCの半マイル通過ラップ

11'シルポート(半マイル46.6秒)⇒?着
10'リーチザクウン(半マイル46.8秒)⇒安田記念16着
09'スーパーホーネット(半マイル48.3秒)⇒安田記念7着
08'カンパニー(半マイル46.8秒)⇒未出走
07'コンゴウリキシオー(半マイル46.6秒)⇒安田記念2着
06'ダイワメジャー(半マイル49.2秒)⇒ 安田記念4着
05'ローエングリン(半マイル47.4秒)⇒安田記念17着
04'マイソールサウンド(半マイル46.9秒)⇒安田記念15着
03'ローエングリン(半マイル44.3秒)⇒安田記念3着
02'ミレニアムバイオ(半マイル45.6秒)⇒安田記念3着


 上のデータを見て分かるように、マイラーズC勝ち馬が安田記念でも好走している年は、半マイル通過が速くて上がりがかかっている年だということに気づく。反対に半マイル通過がSペースだった年の勝ち馬は安田記念で好走できない傾向にあるといっていい。

 東京新聞杯の回顧時も書いたことだが、安田記念は同じマイル戦でも、『毎年非サンデー系が上位を占め、スタミナ・底力が問われて上がりがかかる競馬になりがちなレース』。そのため、マイラーズCのペースが速くて上がりがかかった年の方が勝ち馬が安田記念でも好走できるのは納得がいく。

安田記念注目馬 
シルポート

 
 では今年の場合はどうか。今年のマイラーズCの半マイル通過タイムが45秒台のHペースなら文句なしなのだが、今年は(好走と凡走のちょうど境界にあたる)46.6秒と微妙なライン。そこで勝ったシルポートが今後の目標である安田記念で好走できるかということを検討する上で注目したいのが、今年のマイラーズCと非常に似たラップを刻んで同じく逃げ切り勝ちを収めた07'マイラーズC勝ち馬のコンゴウリキシオー

今年のマイラーズC(シルポート)

12.4-11-11.6-11.6-11.4-10.9-11.5-11.9
12.4-23.4-35.0-46.6-58.0-68.9-80.4-92.3

07'のマイラーズC(コンゴウリキシオー)

12.4-11.4-11.1-11.7-11.6-11.4-10.7-11.9
12.4-23.8-34.9-46.6-58.2-69.6-80.3-92.2

 上記のラップ・勝ち時計を比べて分かるように、どちらも単騎逃げだった点も含めてほぼ同内容の競馬だったといえる。そして、07'勝ち馬コンゴウリキシオーは次走の安田記念でも2着に好走しており、ほぼ同内容の競馬をしたシルポートも安田記念で好走できる可能性は高いと見る。また、この馬自身、(コースは違えども)ここ最近のマイルの4戦=ファイナルS(1.34.1)⇒京都金杯(1.33.4)⇒東京新聞杯(1.32.7)⇒マイラーズC(1.32.3)と1戦ごとに時計を詰めているように着実にレベルアップしている印象を持つ。もちろん、同型馬との兼ね合いが鍵だが、安田記念ではさらに1ランクアップしてGⅠ制覇も夢ではないはずだ。

(不死鳥)
 


コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。