TOP > スポンサー広告 > 【復習】天皇賞(春)回顧TOP > メイン展望&回顧 > 【復習】天皇賞(春)回顧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【復習】天皇賞(春)回顧

天皇賞(春)回顧

【展開&ラップ分析】

先頭が何度も入れ替わる異例の展開!?

 逃げ馬候補のナムラクレセントが出遅れて、ハナに立ったのがゲシュタルト。ゲシュタルトが作り出した流れは1000m通過64.2秒と超Sペース。以下のグラフを見て分かるように、前半のラップが例年と比べて明らかにスロー。
 
春天②

 さすがにこの流れに耐えかねたコスモヘレノスが1週目のスタンド前で先頭に立つのを皮切りに、1角目付近ではトゥザグローリーが先頭に立つと、向こう正面ではナムラクレセントが一気に捲くって先頭へと何度も先頭が入れ替わるという珍しい展開。見てる側からすると非常に面白いレースだったが、何度も先頭が入れ替わるレースは逃げ馬や直後にいた先行馬らにとっては非常にスタミナが消耗させられるレースだったことも事実。ハナに立つまでの間は速いラップを刻む⇒ハナに立つと安心してペースを落とすの繰り返しで、記録されるラップ以上にラップの落差があったはずだ。特にトゥザグローリーがハナに立ちペースを一気に落として13.9秒がマークされた9F目のあたりは顕著。さらに、そこからナムラクレセントが一気に捲くって先頭に立つと、ペースを落とさずに残り6F目地点で早くもロングスパートを開始したものだから、それまで緩い⇒速い⇒緩い⇒速いの繰り返しでスタミナをだいぶ消耗させられていた先行馬にとっては厳しい展開だった。事実、最後にハナに立ったナムラクレセント以外は(ハナに立った順で)ハナに立った馬は大凡走することになった。

1番目に先頭ゲシュタルト=17着
2番目に先頭コスモヘレノス=14着
3番目に先頭トゥザグローリー=13着
4番目に先頭ナムラクレセント=3着

こちらも異例の6Fスパート!?

 今年の春天のラップが例年のラップとの比較で大きく違うのが、例年とはスパート地点が違うということ。例年は、以下の表を見てわかるように、3角の下りを利用した残り4F目からの一気のスパートが行われるのがデフォルト。それに対して今年の春天は、和田J騎乗のナムラクレセントが向こう正面~3角に当たる上りの位置から12.0-12.2と一気のスパートをかけたため、事実上の6Fスパートとなった。

春天①


 その結果、以下で示したように上位を占めたのはいずれも6Fスパートだった大阪杯阪神大賞典の上位馬。逆に5Fスパートだった日経賞組は凡走という極端な結果になったのは偶然ではないだろう。

春天③

1着ヒルノダムール⇒大阪杯1着
2着エイシンフラッシュ⇒大阪杯3着
3着ナムラクレセント⇒阪神大賞典1着


6着マイネルキッツ⇒日経賞4着
8着ペルーサ⇒日経賞2着
11着ローズキングダム⇒日経賞3着
13着トゥザグローリー⇒日経賞1着

 また、近年希に見る超スローペースでありながら、上がりが36.0秒とかかったのは恐らくこの持続力が求められる6Fスパートの影響に他ならない。

 とにかく今年の春天は『超スローペース+先頭が何度も入れ替わる展開+6Fスパート』と非常に特殊なレースだったということを強調しておきたい。

 
【レベル&今後の展望】

 今年の春天は『超スローペース+先頭が何度も入れ替わる展開+6Fスパート』と非常に特殊なレース。道中は後方でじっといていた勝ち馬ヒルノダムールエイシンフラッシュにとっては超スローペースだった前半はほとんどレースに参加していなかったぐらいで、(その間に前の馬が出入りの激しい展開でスタミナを消耗していたわけで)明らかに展開の利はあったとみていい。また、これらの馬にとっては3200mの長距離戦というよりどちらかというと(残り6Fのスパート勝負だったので)持続力的な中距離適性が問われた印象。そういう意味で、勝ったヒルノダムール・2着エイシンフラッシュともに長距離を克服したと考えるのは早計だろう。また、特に勝ち馬ヒルノダムールにとっては上がりがかかったこともプラスに作用した。ただし、今後の目標=宝塚記念へ向けては今回の持続力・中距離適性が求められた春天が宝塚記念とリンクする可能性は十分にある。宝塚記念でも早めに動く馬が多数いれば、恐らく今回と同じような結果になるだろう。

 逆に改めて長距離適性を示したのは、残り6Fから超ロングスパートをしかけながら3着を外さなかったナムラクレセント。これで長距離は③③④①③着とステイヤーぶりを発揮しており、実際に最強と言われる現4歳世代に勝つにはこの舞台ぐらいしかないのではないだろうか。

(不死鳥)


コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。