TOP > スポンサー広告 > 【馬柱(印)】京都新聞杯TOP > 馬柱(部員の印) > 【馬柱(印)】京都新聞杯

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【馬柱(印)】京都新聞杯

京都新聞杯

慶應VS東大
京都新聞杯を的中させるのは!?京都新聞

◎レッドデイヴィスに人気が集中。

『うまプロ』でおなじみの

赤門の馬オタク◎ユニバーサルバンク


期待の新人現る!!
<<疾走のメタボの見解>>

サンビームの単騎逃げ。少頭数の競馬らしくスローの流れから瞬発力勝負だろう。

 不動の本命はレッドデイヴィス。前走、前々走とクラシックホース及びクラシック有力馬に完勝。相手も手薄になるここは確勝級だろう。唯一の不安は初距離だがここは能力が抜けている。
 対抗にはダノンフェニックスを推す。前走ではクレスコグランドに先着されたが仕掛所一つ違えば十分勝ちを意識できた内容。更に言えば、重馬場の中ノメりながら追い込んで来ており価値のある2着と言える。ここまでの3戦全てで上がりタイムがメンバー中2位であることを考えれば、瞬発力もあり狙いは十分たつ。
以下は大混戦。決め手のないユニバーサルバンク。逃げ残りが有り得るサンビーム。距離適性と京都外回り実績のあるクレスコグランド。良血馬のパッションダンス。印は回らなかったが前走で芝適性を見せたサウンドバスターや叩き2戦目のレッドセインツなども警戒が必要。
 馬券は◎レッドデイヴィスを1着、ダノンフェニックスを2着に固定した3連単馬券で攻めたい。



<<不死鳥の見解>>

 毎年、Cコース替わりの第一週で行われる京都新聞杯。差し馬が有利な外回りコースとはいえ、京都新聞杯は馬場状態が良いインを活かした先行馬が多く好走しており、逆に10'レーヴドリアン(1番人気3着)や06'マルカシェンク(1番人気5着)に代表されるように外から差してくる人気馬が一歩届かずのシーンもよく見られる。実際、過去5年の京都新聞杯連対馬の4角通過順が⑤②④⑦④④⑨⑪①④番手で、好走するためには中団より前にいる必要はある。

 また、2200mの距離で行われた過去9年の京都新聞杯で上がりがメンバー中1位~3位の馬の成績は

              【勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率】

上がり1位【1・4・1・3】11.1% 55.6% 66.7%   42円   210円 
上がり2位【5・2・1・2】50.0% 70.0% 80.0% 188円   180円
上がり3位【2・1・2・7】16.7& 25.0% 41.7% 394円  157円  

 と上がり1位~3位で18連対中15連対を占めているように好成績を残している。逆に上がりがメンバー中6位以下の馬は、

            【勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率】

上がり6位以下【0・2・1・76】 0.0% 2.5% 3.8% 0円  15円
 
 と低調な成績であるように決め手を持った馬が好走していることは間違いない。以上をまとめると『前に行けて且つ速い上がりが使える馬』が狙いとなる。これにピッタリ当てはまるのが◎レッドデイヴィス。2走前に皐月賞馬・桜花賞馬に先着、前走は1キロ重い斤量にもかかわらず、NHKマイルCで1or2番人気のコティリオンに先着と能力の高さは疑いようがない。なお、距離延長が唯一の不安点だが、皐月賞馬キャプテントゥーレや目黒記念勝ち馬コパノジングーと同じアグネスタキオン×トニービンの配合、菊花賞馬デルタブルースの甥という血統背景から問題ないとみる。2走前にレコード勝ちした京都の舞台に戻り、鋭い決め手を発揮し重賞3連勝を飾る。


コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。