TOP > スポンサー広告 > 競馬場コース分析・新潟芝1000mTOP > コース分析 > 競馬場コース分析・新潟芝1000m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


競馬場コース分析・新潟芝1000m

競馬場コース分析



新潟芝(直線)1000m



新潟直線1000


分析・全クラス平均

 さて早速展開を見ていきましょう。

まず注目したいのは最初の200mのタイム11.98秒というタイムです。

このグラフを見るとそんなに速くないように感じますが、今まで分析した他の1200mと比べてみると、

京都・阪神よりは0.3秒速く、小倉・中山とはほぼ同じタイムです。

小倉と中山はスタートから下り坂となっているので、やはりスタートは1200mよりも速くなるようです。

しかし中山・小倉が同じタイムというのは見逃せません。

この中山・小倉で先行できていれば、ある程度この新潟直千でもついて行ける目どが立つと考えていいと思います。

 次にスタート後最もスピードに乗る2F目です。

この10.19秒はやはりどの1200mよりも速く、他場の競馬ではこれに適応できるかは推測はできません。

 そしてポイントはラスト400~200mにかけてです。

グラフを見てお分かりの通り、加速しているんです。

短距離では絶対にあり得ないことが起きています。

加速自体は0.23秒と大したことはありませんが、何せ10.75秒から10.52秒への加速です。

この企画外の加速は確実に各馬に大きな負担を強いります。

 その結果として最後の200mではなんと1.54秒も失速するのです。

なのでいかにこの失速に耐えられるかが勝負の分かれ目になるのです。

そこで重要になってくるのがスタミナ血統です。

確かにバクシンオー産駆やミスプロ系が強いのですが、その相方である母父(あるいは父)の血統がノーザンダンサー系を始めとする欧州のスタミナ型血統なのです。

以上まとめると、、、


新潟芝(直線)1000mチェックポイント
①スピード
②スタミナ
(スタミナ血統)


(クリスエス)


コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。