TOP > スポンサー広告 > 競馬場コース分析・函館芝1200mTOP > コース分析 > 競馬場コース分析・函館芝1200m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


競馬場コース分析・函館芝1200m

競馬場コース分析




函館芝1200m

函館芝1200


分析・全クラス平均

 2コーナーの引き込み線からスタートで、向正面を一杯に使ったコースになっています。

前回の1800mで述べたように、函館芝コースは向正面から3コーナーにかけて上り坂が続きます。

つまり、スタートから650m近くも上り坂を進むわけです。

しかし、それにも関わらず阪神コースとあまり変わらないテンの3Fを刻むので、先行するにはスピードだけでなくパワーが必要になるんです。


 流れはそこから長い上り坂を登りながら3コーナーに入ります。

言わずもがな、函館は小回りコースの代表で、ましてや坂となれば無理に加速するのは命取りです。

よってラスト400mまでスパートが我慢される

そして4コーナー途中の下り坂を契機に満を持してのスパートです。

さすがにここまで我慢させられると、短距離ではまれな加速が起こります。

この我慢と加速がラップの変化量を増加させており、1400m以上の経験や距離短縮を歓迎しています。

とにかく普通の1200mではないと言うことですねー

上がりも35秒台後半がざらで、やはりスピードを活かすというよりはパワーで押し切るタイプが有利になりやすいです。

よってパワーのあるダート血統が好走しやすいでしょう。


 こういうコース設計上(特に最初の長い上り坂)、他の競馬場とは負荷がかかりやすいところが真逆なので適性が大きく異なるのは言うまでも有りません。

特にスタートから下り坂になっており全体時計も速い中山・小倉からまわってきた馬たちは要注意です。


函館芝1800mチェックポイント
◆パワー:ダート血統
◇距離短縮や1400m以上の経験





今週は以上です。

近いうちにリクエストのあった中山ダート1200mを分析し、また来週の木曜くらいには函館の芝1000mでも分析してみようと思います。

また何かあればコメントやメール等でコンタクトしてくださいo(^-^)o

それではまた来週ノシ


コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。