TOP > スポンサー広告 > 競馬場コース分析・函館まとめTOP > コース分析 > 競馬場コース分析・函館まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


競馬場コース分析・函館まとめ

競馬場コース分析



函館競馬場まとめ


函館競馬場・基本情報
直線距離: 262m
一周距離:1627m



函館まとめグラフ


函館まとめ表
※前傾度とは、後半3Fのタイムから前半3Fのタイムを引いた値です。値が大きいほど前傾ラップであると言えます。
※変化量とは、ラップの上下した値を絶対値で合計したものです。値が大きいほど長距離的でタフなコースだと言えます。


分析、その前に
 各コースを分析する前に、函館競馬場の特徴について少し。
  • 芝の種類。言わずもがな、函館競馬場は100%洋芝の競馬場なので、地面の反発力が低くスピードが出にくい。だからいつもと同じスピードを出すのにも、いつもより多くのエネルギーが必要になります。
  • 直線距離。函館の直線は、全競馬場中最短の262m。この短さを意識して、全体的に早じかけになりやすいです。
  • 向正面~3コーナーの上り坂。早じかけが行われるまさにそこから上り坂になっており、コース形状に逆らった走り方をしなくてはいけないのでスタミナの消耗が激しくなります。
 以上のことは全ての距離に適用される事柄なので、頭の片隅にお糸きながら読み進めていただけると分かりやすいと思います。



 分析・1200m 
 タート位置が向正面で、スタートから上り坂になっています。そのため先行するにはパワーが必要で、小倉や中山のような下りスタートに慣れている馬は要注意
 上り坂と小回りのコーナーが手伝って、函館では例外的に4コーナーまで追い出しが我慢されます。その結果、短距離では通常ありえない「加速」が起こっています。時計のかかりやすさも相まって、他場よりも差しが届くコースだと言えるでしょう。
 とにかく普通の1200mコースではありません。スタートの上り坂や加速の影響で非常にタフなコースになっており、距離適性がずれます。1400m以上の距離を経験していることがプラスになるコースです。
キーワード:パワー、差し、1400m以上


 分析・1800m 
 ール前200m付近からのスタートで、すぐに1コーナーに入ってしまいます。そしてコーナーを出たかと思うと、今度は直線の短さが意識されて、向正面中ほどからもうせめぎ合いが始まります。もちろんこの間は上り坂。
 よって、常にペースが淀みなく流れるコースなんです。均一なペースと言うことは、息が入りにくいということです。よって差し馬は足をためることができません。圧倒的な先行有利になるのはこのためです。
 スパートに目を向けて見ると、早じかけの為に800mスパートになっているのがわかります。800mスパートと言えば京都競馬場の十八番ですが、あちらはスパート中は下り坂。対してこちらはうち400mも上り坂をスパートしており、京都の持続力が問われる傾向とは真逆にスタミナが問われるコースになっています。
キーワード:先行有利、スタミナ


 分析・2000m 
 ちらは上の1800mのスタート地点を200m後ろにしただけですが、その分4コーナーから1コーナーまでの下り坂の恩恵を十分受けることになります。そのため前半3Fのタイムが、全競馬場を通しても最速レベルになっています。時計のかかる函館のイメージとは真逆ですよね。
 しっかりとテンで加速する分、コーナーに入るとガクッとペースが落ちます。ここで、先ほどの1800mにはなかった息の入るポイントができます。
 そして向正面後半からはお決まりの800mスパート。こちらも上り坂の中でのスパートなのでもちろんタフなんですが、スタートから脚を使ってきたことで、1800mよりも0.5秒以上も上がりタイムがかかります。
 息が入る上がりがかかる。以上の二点より、1800mに比べ先行有利の度合いが薄まって、差しが届くようになります。
キーワード:速いスタート、1800mより差しが届く、スタミナ


 分析・2600m 
 正面からのスタートで、全体をぐるっと1周半回るコースになっています。特筆すべきは前半のペース。通常コースを1周以上回る場合は、スタンド前を通過するときに馬がいつものスパートの癖でペースを上げてしまいます。しかしこの函館2600mの場合はほとんどそれがないんです。その証拠に、2600mとは思えない変化量となっており、同時にこれは折り合いさえ付けば距離の壁を打ち破ることが容易だということです。
 2周目の向正面に出ると、ようやくレースが動き始めます。ここまでドスローで散々我慢してきたため、函館の他の距離よりもさらに早く仕掛けが始まるんです。それは1000mスパートという形で表れ、1000m中600mもの間上り坂を加速し続けるという強行軍となるのです。よってスタミナは最重要項目です。
キーワード:折り合い、スタミナ


函館競馬場まとめ
◆中長距離は基本的に先行有利
◆スタミナ

常に上り坂があることは頭に入れておこう!


コメントの投稿

No title

競馬場コース分析、役立つ内容でいつも拝見してます。

そこでまことに勝手なお願いなんですが、
週末の重賞予想とタイアップした記事があればいいなと思いました。たとえば、このコースでは○○が求められるので、この馬がオススメみたいな感じです。

ほんと無理なこと言ってすいません(^▽^;)

もし宜しければよろしくお願いします('-'*)


Re: ベガさん

 遅くなってすいません、クリスエスです。
いつも拝見して頂きありがとうございます^^

 リクエストは重賞とのタイアップ企画ということですが、重賞の「分析」は引き受けましょう!
何を隠そう、実はこのコース分析コラムが始まった頃は「その週の重賞が行われるコースを分析し、予想に役立てる」というものだったんです(笑)
それが分析コースが蓄積されていくうちに、重賞があってももう分析済みだし・・・ってことでだんだんやらなくなっていたのでした。

 しかし一つお応えしかねるのは、オススメ馬のピックアップです。
私のモットーとして、コラムをご覧のみなさんの予想の手助けになるものを提供したいというのがあります。
なので、皆さんの思考を停止させてしまうような具体的な馬名を挙げる行為はできません><

 重賞の傾向分析のみでよければリクエストにお応えします。いかがでしょうか?

長文失礼しました。                   クリスエス

嬉しい限りです

横から失礼します、クリスエスさんの重賞の傾向分析をやって貰えるなら嬉しい限りですね。
楽しみにしています有難うございました。
非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。