TOP > スポンサー広告 > 競馬場コース分析・小倉2600mTOP > コース分析 > 競馬場コース分析・小倉2600m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


競馬場コース分析・小倉2600m

競馬場コース分析



小倉芝2600m

小倉芝2600


分析・全クラス平均

 今回は手法を変えて、流れの後半から見てみます。

グラフを見てお分かりの通り、スパートしている部分で非常ーーーーに長く12秒前半のラップを刻んでいるんです。

この長~いスパートの始まりはどこかと辿ってみると、ラスト1200m地点でラップが最も落ち込んでいるところがありますね。

ここで息が入ってから、下り坂を利用して一気に加速し、最後まで突っ走ってしまうんです。

なので瞬発力はそこそこ、そして大きな持続力が求められます!

ラストの失速具合から、スタミナは必要ありません


 なぜこんなにも長いスパートが可能なのでしょう?

先ほど触れた息の入るラスト1200m地点。

ここはコーナーの途中であるだけでなく、そこに至るまでに350m近くも上り坂を登ってきているんです。

よって、13.46秒という3000m級の落ち着き方になってしまう。

これが主たる原因ですが、小回りコースでまっすぐ走れる距離が短い分、全体的にペースが上がりにくいのもスタミナが温存される要因でしょう。


 最後に少しだけ前半を。

スタート地点は向正面の中ほどで、馬場を一周半するコースとなっています。

最初のコーナーまでは250mほどしかありませんが、コーナーから下り坂になっているのでスタートのペースは普通でしょう。

そこから馬がいつもの習慣でペースを上げようとしてしまうため、ペースの落ち方が通常よりも遅いです。

ゴール板を過ぎてからは、スタミナ要らずのロングスパートに向けて少し位置取りを確保しようとする動きが出ます。

そのため1コーナーはほぼ上り坂にもかかわらずペースが落ちていない。

ここで先団に取り付けるかどうかで好走可能性が大きく変わってきます。



結論!!

・・・小倉芝2600m
超ロングスパートのための持続力は必須で、スタミナはいらない。

だから折り合いさえ付けば2200mくらいまで走れる馬なら対応できちゃいそう。

スタミナ要らない→前に居た方が有利→先行有利





今週は以上です。

これで小倉競馬場も主に使われている芝コースは分析し終えちゃいました!

なので来週は小倉競馬場・まとめですかね!

約一年ぶりに分析する小倉2000mなんか今からドキドキしてますw

それでは来週も読んでください、ありがとうございました^^

(クリスエス)


コメントの投稿

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

なるほど、長距離でもスタミナが余り必要にならないのは参考になりました、いつも有難うございます。
逆に長距離が得意で過剰人気する馬を買うより、実力馬を選んで見る事にします。
先週は重賞レース分析して下さったのに、忙しくてコメントできませんでした、すみません。
私は予想する時間があまり無くて、サアドオゾから行って惨敗でした。
クリスエスさんの結果はどうでしたか?

Re: たまには勝ちたいさん

こんにちは!
返信がコラム執筆後になってしまい申し訳ありません。

>逆に長距離が得意で過剰人気する馬を買うより、実力馬を選んで見る事にします。
そうやってコラムを基に自分なりに考えた予想をして頂くことが目的なので、そういったコメントは嬉しい限りです(*^-^*)♪

先週は自分は一切競馬しませんでした><
今週も馬券買えるかは微妙なところです。。。

個人的にはこういうコラムを書いてると、最も予想することと馬券を当てることの違いを感じてしまいまして、買う量が増えません。。。笑

僕が買わない分みなさんに当てていただきたいです!ww
非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。