TOP > スポンサー広告 > 【馬柱】越後STOP > 馬柱(部員の印) > 【馬柱】越後S

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【馬柱】越後S

越後S


慶應VS東大
越後Sを的中させるのは!?

えちご

サークル内ではトーホウチェイサーが人気。

〝うまプロ〟でおなじみ赤門の馬オタク◎トーホウチェイサー



<<不死鳥の見解>>

4歳馬の勢いは止まらない。4歳馬の本賞金半減以後、ここまでの条件戦全269戦中146勝を挙げているのが4歳馬。(昨年は現時点で当時の4歳馬は123勝)近年では最強との呼び名が高い現4歳世代が降級の利を生かして勝ちまくっているのだ。
 もちろん、新潟のダート1200mのレースも例外ではない。

 先週の新潟ダ1200m戦では

土曜・3歳上500万下(新潟ダ1200m)⇒4歳馬ワンツースリー

日曜・岩室温泉特別(新潟ダ1200m)⇒4歳馬ワンツー

 と4歳馬の活躍が目立っており、今回のステップレースでもある一先週の『NST賞』は唯一の出走だった4歳馬アースサウンドがきっちり2着を確保し、同じく今回のステップレースだった『北陸S』もアースサウンド=トーホウチェイサーの4歳馬ワンツーだった。
 
 ここは無理に逆らわず、降級した4歳馬狙いでいきたい。メンバー唯一の4歳馬◎トーホウチェイサーが中心。前走の北陸Sは相手が悪かったに尽きる。というのも、これまで重賞でも連対歴があり、次走のOP特別・NST賞でも2着の4歳馬アースサウンドが相手ではさすがに分が悪かったからだ。それでも、そのアースサウンドとアタマ差の競馬をしたからも、降級した1600万条件では能力は違うのは明らか。他に〝強い〟4歳馬がいない今回は再びOP入りするチャンスで、今度こそ決める。
  


コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。