TOP > スポンサー広告 > ザ・競馬学概論TOP > 競馬学概論 > ザ・競馬学概論

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ザ・競馬学概論

みなさんこんにちは、 クリスエス です

さてさて、今回は我が慶應VACATIONも参加している『うまカレ』のHPにて僕が書いた記事、『ザ・競馬学概論』を転載させていただきます。

内容といたしましては、
レースの結果を左右する様々な要素 をざっくりと捉えてみたいと思います。

まさしく概論!



まず レースがスタートする前から影響を及ぼす要素

1.競走馬そのものの能力

2.競走馬の気性

3.競走馬の体調


絶対的なものである競走馬の能力を、気性と体調が割引します。

レース前での気性と言うのは、レース前から入れ込んで体力を減らしたりといったことです。

レース前の段階で、まずその時出せる力というのが決まります。



次に レース時に影響を及ぼす要素

1.枠

2.負担重量

3.騎手

4.競走馬の気性

5.他馬の動き(展開)

6.コース形態

7.馬場状態

8.天候

9.その他


1.枠
競馬は陸上競技と違って全てオープンコース(走者によって走るレーンが別れていない)になっています。

よって枠番の違いは単純に走る距離の違いにつながります。

また、思い通りのポジションが取れるかどうかも枠番の影響が大きくなります。


2.負担重量
負担重量は最も分かりやすい要素なので特に解説の必要はないでしょう。


3.騎手
ここは人によって一番見方が分かれるところで、予想ファクターとしてどれだけの重要度を占めるかも十人十色でしょう。

論理的に考えれば、騎手がいくら頑張っても競走馬の能力の絶対値を引き上げることはできません。

なのでいかに馬の能力を出す邪魔にならないか、すんなり出させるかを左右するマイナス要素です。


4.競走馬の気性
競走馬の気性はレース前と同様、レース中でもいかに能力を出し切れるかを左右するマイナス要素です。


5.他馬の動き(展開)
さらに他馬の動き(展開)と競走馬の気性、騎手が持つ影響力はほぼ同じものです。

競走馬がどんな気性で、それを騎手がどう導き、それらで他馬の動き(展開)にどう対応するか。

言わずもがな、能力を出し切れるかどうかを左右するマイナス要素です。


6.コース形態
コース形態は展開に影響を与え、また能力を発揮できる馬を限定するマイナス要素として働きます。


7.馬場状態、8.天候
馬場状態や天候(風雨)も能力を発揮できる馬を限定するマイナス要素として働きます。


9.その他
これは路面の凸凹や他馬のけり上げた路盤が飛んでくる、あるいは故障発生やムチを落とすなどの予想不可能な要素です。

マイナス要素になることは確実ですが、いかんせん人知の及ぶところではない、神の裁量によるものです。



~まとめ~
ここまで見てきてお分かりの通り、競馬は 競走馬の能力をいかにロスなく発揮するか が大事だということが分かりますね!

適性が合うことが「プラス要素」だと思ったり、騎手の力で勝てなかった馬を「勝たせる」と考えるのは完全に誤解です。


これらから、 予想では各馬の能力とマイナス要素の大きさの兼ね合いを考えるのが一番重要 だと言えます。

つまり、その 絶対能力とマイナス要素を的確に推し量れれば的中に近づく と言うわけです!

まぁそれが一番難しいんですけど!w 特に絶対能力!w

全ての馬が定期的に全く同じ条件をタイムアタックしてくれれば一発なんですけどねー(笑)




本日8月16日に次回分である、絶対能力自体がどういった要素で構成されているかを執筆します。

ぜひ読んでみてください!

それでは クリスエス でした!

『うまカレ』HPはこちら⇒http://umacolle.syncl.jp/


(クリスエス)


コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。