TOP > スポンサー広告 > 競馬場コース分析・札幌芝1200mTOP > コース分析 > 競馬場コース分析・札幌芝1200m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


競馬場コース分析・札幌芝1200m

競馬場コース分析



札幌芝1200m


札幌芝1200
分析・全クラス平均

 2コーナーの引き込み線からスタートするので、最初のコーナーまで400m近くあります。

そのため、札幌で2000mと並んで唯一まともにスタートから加速するコースです。

それでも洋芝はよほど走りにくいのか、前半3Fタイムは1200mコースの中でも最遅レベルです。

スタートの直線はそれなりに距離はあるのにテンが忙しくないということは、スタートが上手くなくてもパワーさえあれば追走が可能と言うことです。

ダートから参戦してくる馬たちは、血統的裏付け等見どころがあれば、たとえ初芝(元ロッテの三塁手、現解説者じゃないよ!)でもこの札幌1200mなら一発もあると考えられます。


 スタートが特徴の一つ目でしたが、二つ目はと言いますと、最後の失速の少なさなんです。

札幌は図を見ていただいても分かるように、コース上に目立った起伏がありません。

そして道中も洋芝によりスピードが抑えられるため、スタミナが温存されるんです。

結果まずラスト400~200mで始まるスパートは、普通は減速してしまうのを抑える程度ですが、札幌の場合はほとんどフラットかわずかに加速しています。

そしてラスト200mでの失速は、1200mでは最小値である-0.28秒

坂のある中山(-0.48秒)や阪神(-0.53秒)と比べるといかに小さいかがわかると思います。

そしてこの札幌と最も比較しておきたいのがやはり函館競馬場。

函館芝1200mは過去に分析した通り、1200mらしからぬ適性の求められるスタミナのいるコース。

実際の値、函館の失速が-0.53秒ということを考えれば、この札幌・函館の両洋芝コースがいかに違うかは一目瞭然です。

つまり、函館でバテた先行馬は札幌での巻き返しが、函館で末脚が活きた差し馬は札幌での苦戦が容易に想像できます

函館はわかりやすい傾向がありますが、先に述べた通り「ラスト200mでの失速は1200mでは最小」なので、他場でハイペースになってつぶれた馬がすんなり先行できる展開ならば大いに一発が期待できます。

とにかく1200mで一番スタミナが求められないということをポイントに考えてみてください。


***札幌芝1200mポイント***
洋芝の影響でスピードが抑えられ、その分スタミナが温存される。
∴スタミナの求められる所で走ってきた好走馬・凡走馬の入れ替え




今週は以上です。

これでとりあえず現状で開催が行われているコースの全てのコースが分析し終わりました。

中京は改修されてしまうため分析は不可能で、福島は当分開催できないので。

ということで、これからは「札幌競馬場まとめ」や「距離別まとめ」等のまとめラッシュに入ると思います。

そしてまとめが一通り終われば、晴れて芝コースは全て分析完了♪ということになります!

この分なら秋開催頃にはダートコース分析に移れそうですね。

ということでダート好きな方々はあと少しだけご辛抱!

それではまた来週(^^)ノシ


(クリスエス)


コメントの投稿

No title

いつも有難うございます、今回の分析結果は特に参考になって有難かったです。私は単純に、洋芝なので函館と変わらないと思っていましたが、まったく適性が違うのに驚きました。今週のレースに活かしたいと思います、本当に有難うございました。

たまには勝ちたいさん

ありがとうございます!
私自身分析するまで札幌千二がどんなコースかまったくイメージがわからなかったんですが、
自分で分析してみてイメージがつかめましたw
今週も施行されるコースですし、うまく当てたいですね^^
非公開コメント

Counter
Profiles

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。