TOP > スポンサー広告 > 重賞コース分析・オールカマー(G2)TOP > 重賞コース分析 > 重賞コース分析・オールカマー(G2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


重賞コース分析・オールカマー(G2)

~重賞コース分析~


産経賞オールカマー(G2) 中山(外)2200m


オールカマー

分析・全クラス平均

こちらは先日アップした『競馬場コース分析・2200mまとめ』をご参照ください。






分析・オールカマー(G2)

 テン3Fは全クラスとほとんど同じです。

そこから全クラス平均はペースを抑えておさえて進むのですが、オールカマーは隙あらばペースを上げようとします。

そのため角度の緩い2コーナーの前半部分や、向正面に向いた時はもちろん、3コーナーも角度が緩いのでペースが上がります。

中山は直線が短く、4コーナーの角度が急なので追い込み馬が不利になるという性格を持っています。

重賞で前の馬に好きにやらせたら、相手も重賞に出て来るような馬なわけで、それこそディープインパクト級の末脚が必要になります。

そんな馬は普通いないので、手遅れになる前に先行集団との差を詰めようとするんですね。

それが絶えずラップが上がり続ける理由です。


 だからと言ってスタミナが求められるかというと、実はそうじゃないです。

ここが中山芝(外)2200mで行われるオールカマーの特殊なところで、

・スタート3Fが全クラス平均と同じレベル
・道中下り坂でスタミナが温存される

これらのことから、ペースが緩まなくても最後までバテずに走り切れるんです。


 つまりスタートは遅く、あまり息の入りにくいだらだらとペースが上がり続ける展開になりやすいんです。

そして惰性でそのままゴールまで行けてしまう。

前が止まりにくく道中しっかり脚をタメることが難しいと言うことは、すなわち先行馬有利です

。またこのような流れは、中山(内)1800・2000m、阪神(内)2000・2200m、札幌1800mにつながりがあります。


 さて本来ならここでいつも終了のはずなんですが、今回実はほぼ同じ記事をUMAJIN.netのコラム王国に描かせていただきました。

そちらのコラムでは注目馬もピックアップしたので、転載ではありますがこっちにも載せようと思います♪

UMAJIN.netのコラムはこちら
『【競馬学概論】コース適性から導き出したオールカマーの注目馬』


 以上のことを踏まえてオールカマー今年のオールカマーの注目馬は・・・


☆マイネルラクリマ
スローからじりじり脚を使い、スピードを落とさずゴールまで粘り切るのが得意な馬。前走のラジオNIKKEI賞はまさに持ち味を発揮したレースで、中山1800mとこのレースにつながりのあるコースで結果を出した。東京で切れ味を求められ惜敗する姿は中山向きの適性の現れでしょう。

☆マコトギャラクシー
素人目から見ても明らかに中山大好きな馬。ダートを使われていたことからも分かるように、切れではなく持続力で勝負するタイプ。各上挑戦ではあるが、アーネストリー以外はドングリの背比べなので、軽視すると痛い目見るかも。




今週は以上です!

時間の都合上通常のコース分析が掲載できませんでした、すいません。

来週はG1スプリンターズSを大解剖!

乞うご期待☆

(クリスエス)


コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。