TOP > スポンサー広告 > 競馬場コース分析・2600mまとめTOP > コース分析 > 競馬場コース分析・2600mまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


競馬場コース分析・2600mまとめ

~競馬場コース分析~



2600mコースまとめ


2600表



2600図 小倉2600m 
 スタートは向正面からで、300mも走らないうちにすぐにコーナーに入ってしまうことと、2600mという距離でスタートは遅いです。しかしスタンド前を通過する都合、遅いながらもペースの落ちが緩やかです。
 ゴール板を通過した後、最も息の入る1コーナーが上り坂になっていることから、必要以上にペースが落ちるという事態が発生します。これに直線の短さの意識や2コーナーの下り坂も相まって、向正面で一気に加速するのがこのコースの特徴です。
 他の2600mコースが洋芝コースなので時計的には抜きんでて速いですが、注目すべきは最後の失速の少なさです。2600mもの距離を走ってきてたった-0.20秒しか失速しないのは明かに特殊です。とにかく時計のかかる力の要る所で力尽きた先行馬の巻き返しが期待できます。


 札幌2600m 
 このコースは札幌の中ではペースが動きやすいコースといえます。それはやはり馬場を2周半する都合、スタンド前を通過するからです。馬はいつもの習慣でスパートしようとするので、1周目のゴール版前でいったん加速します。しかしこれはコーナー前に好位置を取りに行く意味合いもあります。
 1コーナーに入ってからはペースが落ち、向正面に向くころにはいつものようにダラダラとした加速になります。
 直線の短さが意識され、3コーナーからの800mスパートとなります。加速+0.43秒は札幌最大で、またラストの失速もー0.40秒と札幌最大になります。札幌で唯一スタミナが求められるコースなので、中距離からの距離延長なら札幌よりは函館で好走していたような馬を狙いたいです。
 函館の同じ2600mと比べると、坂が無い分こちらの方が全体的に時計が速く、函館で上がりのかかる力の要る展開になり負けた馬の巻き返しを期待したいです。


 函館2600m 
 向正面からのスタートで、全体をぐるっと1周半回るコースになっています。特筆すべきは前半のペース。通常コースを1周以上回る場合は、スタンド前を通過するときに馬がいつものスパートの癖でペースを上げてしまいます。しかしこの函館2600mの場合はほとんどそれがないんです。その証拠に、2600mとは思えない変化量の少なさになっており、同時にこれは折り合いさえ付けば距離の壁を打ち破ることが容易だということです。
 2周目の向正面に出ると、ようやくレースが動き始めます。ここまでドスローで散々我慢してきたため、函館の他の距離よりもさらに早く仕掛けが始まるんです。それは1000mスパートという形で表れ、1000m中600mもの間上り坂を加速し続けるという強行軍となります。よってスタミナは最重要項目です。
 とにかく全体的に時計のかかる展開になりやすく、函館でのみ好走する持ち時計のない馬たちの出現が目立ちます。




今週は以上です。

震災の影響で福嶋競馬が開催できない為、わずか3コースの分析となります。

来週はいよいよ大詰めの『まとめ1800m』を掲載予定です!

それでは夏競馬が終わって最初のG1・スプリンターズSがある今週も、競馬を楽しみましょう!

(クリスエス)


コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。