TOP > スポンサー広告 > 【馬柱】南部杯TOP > 馬柱(部員の印) > 【馬柱】南部杯

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【馬柱】南部杯

南部杯

南部

VACATIONメンバーきってのパドック派クジキセキ◎エスポワールシチー

日曜の毎日王冠ズバリ的中の不死鳥◎トランセンド 



パドック派・優れた相馬眼の持ち主
<<クジキセキの見解>>

 テンの速さ、陣営のコメント、枠順から◎エスポワールシチーの逃げと読む。本年、先着を許したのは全て前の馬をを捉え損なったもの。ハナを切ると簡単には抜かさせず、そのまま後続を封じ込める展開に期待する。トランセンドの実力は認めるが調教後の馬体重が530kgであることからもわかるように幾分余裕を残した仕上げであることから今回は対抗とした。単穴にはボレアス。3歳ダート世代では上位の力の持ち主。例年、JCDでも3歳馬が通用しているようにここに入っても通用可能。捲り競馬が身上のランフォルセはこの舞台では持ち味が活きないと考え無印とした。



<<不死鳥の見解>>

 昨秋からJC1着⇒フェブラリーS1着⇒ドバイWC2着と完全に本格化した◎トランセンドで軸は不動。ここは相手探しの競馬だが、ベースにしたいのは同じ舞台だった今年のフェブラリーS。
 ここで注意したいのはフェブラリーS回顧でも書いたようにフェブラリーS当日は例年に比べて1.1~1.2秒時計がかかっていたこと。ただでさえ時計の掛かる冬の馬場に加えて、逃げたトランセンドが一貫して11.1~12.1秒台の間ラップを持続的に刻み続けたことで、例年の上がりの決め手勝負とは異なるスタミナ・持続力が問われる内容だった。(それこそ、どちらかというとJCダートに近い内容で、前年のJCダートで0.2秒差の4着のバーディバーディがフェブラリーSでもやはり0.2秒差の3着、JCダート6着クリールパッション⇒フェブラリーS6着といったように、JCダート出走馬がフェブラリーSでもそれほど崩れなかったことがそれを示している。)
 
 そこで冬の重いダートとは違い、高速決着&速い上がりが求められるであろう今回はダノンカモンに注目したい。と言うのも、1600morそれ以下の距離で力を発揮してきたダノンカモンが1~3着馬が1800m以上のGⅠで好走歴がある馬だったように、1600mより長い距離の実績が問われたフェブラリーSで僅差の4着にきたことが評価できるからだ。6戦連続で上がり3位以内をマークし、良馬場で1.35.5という優秀な持ち時計があるように、今回の方が条件的に向いている印象。また、同舞台だった昨年の武蔵野Sでもグロリアスノア(JCダート2着)と0.1秒の競馬をしているし、サウンスポーながら近走は右回りでも安定した結果を残しているように地力強化した今なら、GⅠでも勝ち負けできるレベルに十分ある。
 なお、近走内容から陰りが見え始めたエスポワールシチーは▲まで。





コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。