TOP > スポンサー広告 > 【馬柱】アルゼンチン共和国杯TOP > 馬柱(部員の印) > 【馬柱】アルゼンチン共和国杯

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【馬柱】アルゼンチン共和国杯

アルゼンチン共和国杯

アル
※馬柱のクリスエスは京大・火拳の間違いです。

サークル内では◎ナムラクレセントが2人で最多。

京大の火拳オーケンブルースリーに渾身の◎


<<火拳の見解>>

 復調さえすればここでは頭一つ抜け出る�オウケンブルースリ。そもそも非サンデー系の強い重賞で、厳しい流れが予想される今回のメンバーなら尚の事ジャングルポケットを買いたくなる。末脚一気で復活の狼煙をあげたい。
 リディルを降し、アーネストリー・トーセンジョーダンとも接戦を演じた�カリバーン。今の府中は内が残りやすく競馬がしやすそう。デュランダルはオークス馬を輩出したように、スタミナを内包した種牡馬の可能性があり、ここは興味深い一戦。
 左回りに良績を残す�コスモヘレノスにもチャンスがある。


<<不死鳥の見解>>

 アルゼンチン共和国杯が行われる東京2500mは東京2400mからわずかに100mだけ伸びたコースにもかかわらず、レース流れが全く正反対になりやすい。府中の2400mのように上がりの終発力勝負になることは少なく、淀みない流れになりがちで非常にスタミナが問われるコースでもある。事実、ここ4年は2分30秒台でのHレベルな決着が続いている(ただの瞬発力勝負だけの凡戦でない)。さらに、過去10年で5番人気以下で勝った2頭(7、13人気)はともに2500m以上の重賞で連対歴がある馬で、前走掲示板以下から巻き返した6頭中5頭にも2500m以上の重賞で連対歴があり、このレースで好走するためには長距離実績は不可欠なのだ。
 ◎ナムラクレセントはこれまで菊花賞3着⇒阪神大賞典3着⇒天皇賞春4着⇒⇒阪神大賞典1着⇒天皇賞春3着と長距離重賞ではG�でも崩れていないように長距離でこその馬。春の阪神大賞典1着⇒天皇賞春3着の内容からも、強い4歳世代相手でも長距離なら優位に立っている。また、前走のような高速決着は苦手とするだけに雨で馬場が渋るようなら間違いなくプラス。



コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。