TOP > スポンサー広告 > 【重賞コース分析】アルゼンチン共和国杯TOP > 重賞コース分析 > 【重賞コース分析】アルゼンチン共和国杯

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【重賞コース分析】アルゼンチン共和国杯

~重賞コース分析~


アルゼンチン共和国杯(G2) 東京2500m


分析・アルゼンチン共和国杯(G2)
aruzentin.png
 スタートはスタンド前からで、東京の長い直線を存分に使えます。

となればもちろんテンが速くなります。

最初の100mのタイムは無視し、100m~700m地点までのタイムはなんと34.5秒

スピードに乗る過程が省かれているとはいえ、35秒を切るタイムをスタートからすぐに出していることは大きなポイントです。

さらに面白いのが、向正面に向いてからのペースです。

グラフを見てわかるように、道中終始12秒台前半のラップで推移するんです!

先ほどのように100m~1100mの5Fのタイムを見てみると、これまた58.9秒!!

これらの事実から、長距離にもかかわらずスタートからペースが速く息も入りにくい、非常にタフなレースになるということです。



アルゼンチン共和国杯注目馬

⑮コスモラピュタ

この記事を書いている時点で単勝31.5倍の11人気と低評価の馬です。

注目していただきたいのがこの馬の近2走。

rapyuta.png

どちらも2200mのレースながら前半1000mが60秒ほどで来ており、距離に見合わないペースで来ているということです。

この2走を2,1着と好走したコスモラピュタは、アルゼンチン共和国杯の流れにピッタリなはずです。

また昨年の勝ち馬トーセンジョーダンをはじめとして東京2500mコースに強いグレイソヴリン系のトニービンを母父に持っていることも心強いです。

人気のまま楽に逃げさせてもらえば、低評価を覆す大激走を見せてくれるはずです!

是非下位目に入れてみてください☆


(クリスエス)


コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。