TOP > スポンサー広告 > 【重賞コース分析】マイルCSTOP > 重賞コース分析 > 【重賞コース分析】マイルCS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【重賞コース分析】マイルCS

~重賞コース分析~

マイルチャンピオンシップ(G1)
京都芝(外)1600m


京都芝(外)1600
プチ分析・京都芝(外)1600m

 スタートは向正面左奥、2コーナーの引き込み線からです。
3コーナーまで700m以上ありテンが速くなると思われがちですが、向正面途中は淀の上り坂があります。
よって他の1600mと比べても際立って速くなるということはありません。

 スタートであまりペースが上がらず余力が残り、また3コーナーからは向正面で上った分下り坂になっています。
よって直線が404mしかないコースのマイル戦なのに、テン3Fより上がり3Fの方が速くなりやすいんです。
また最後の直線に上り坂がなく、下り坂からスピードに乗ったまま一気に駆け抜けられます。

 これらのことから、前目の位置取りにつけて長くいい脚を使える馬が向くコースと言えます。
差し馬は前が止まりにくい中を差してこなければいけないので、スピード・瞬発力共にかなりのものが求められます。


分析・マイルCS

 では本題のマイルCSはどうでしょう。

 グラフは過去10年の平均を出したものですが、見ていただければ分かる通り、基本は全クラス平均の流れがそのままハイレベルになった流れと言えます。

 しかし単純に厳しい流れになりました、ハイ終わりというわけにはいきません。
「全クラス平均の流れがそのままハイレベルになった」と言いましたが、実はその要因のほとんどは前半のペースアップに起因しているんです。
つまり全クラス平均では上がり3Fの方が速かったレース展開が、マイルCSではテン3Fの方が0.45秒も速い流れになっているんです。

 ここから言えることは、マイルより短い距離適性、短距離的な流れになっているということです。
もしこのポイントを使って妙味ありきで狙うなら、
  • マイル以上で先行して垂れた馬で、短距離にも対応できるスピードのある馬
  • 1400m以下の舞台で差していい脚を使うも差し切れなかった馬
こういった馬たちでしょう。何より本来の距離より適性が短いことに要注意です。



分析は以上です。
今夜改めてコース分析を使った予想コラムを書いてみるつもりなので、良ければ読んでみてください♪
それではノシ

(クリスエス)


トラックバック

【予想】2011 マイルCS エイシンアポロン

2011年マイルCSの予想です ◎ 05 エイシンアポロン 出番が来た感じがします ここはぜひぜひ、池添騎手でやりましょう(-^□^-) ○ 人気ブログランキングへ (←クリックしていただいた先に掲載してあります) 逃げて逃げまくるんじゃないでしょうか 期?...


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。