TOP > スポンサー広告 > 【コース分析的予想】マイルCS(G1)TOP > コース分析的予想 > 【コース分析的予想】マイルCS(G1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【コース分析的予想】マイルCS(G1)

コース分析的予想

マイルチャンピオンシップ(G1)
京都芝(外)1600m

ちょっとやってみたくなったので、筆に任せて書いてみようと思います。
参考までにどうぞ!

◆関連レース分析
ここでは今回のマイルCSに出走する馬のうち、4頭以上が一緒に出走したレースを取り上げ、そのコースと結果から今回につながるかどうかを考えます。

スワンS(G2) 京都(外)1400m
 リディルが先行抜け出しで完勝したこのレースは、淀の坂を存分に利用し、1400mのレースにもかかわらずラスト800mから盛大に加速しています。レースの中で言えば4F目での加速ですが、マイルCSは4F目は淀の坂で最もペースが落ちるか所。そういう意味で今回このレースを好走してしまったことは“本番とのズレ”を証明してしまったことになるかもしれません。

富士S(G3) 東京芝1600m
 年によって違いますが、テンが速くなるとマイルCS向きな流れになるレースです。しかし今年は不良馬場の影響で、中間の緩いとても中距離的な流れになってしまいました。この結果は全く参考にならず、勝ったエイシンアポロンはむしろ本番へのマイナス要素ができてしまいました。

毎日王冠(G2) 東京芝1800m
 記憶に新しい、日本レコードで決着した天皇賞(秋)2着馬ダークシャドウが勝ったレースです。とにかくテンが緩く、究極の上がり勝負なったので今回へのつながりは皆無のように思えますが、ひとつ評価できる点が。それはラスト800mからペースが上がり始めていることです。

安田記念(G1) 東京芝1600m
 東京マイルは直線で力を出し切れるように、ラスト800~600mで息が入ります。ここは京都マイルで言えば淀の下り坂で加速するところ。その点は特に脚をためる必要のある差し馬にとっては大きな違いとなって出てくるでしょう。先行馬はラスト400mから失速し続ける厳しい流れが合わなかった場合にマイルCSで巻き返しが期待できます。今年の安田記念の流れも例年通りで、上記のポイントが使えそうです。

京王杯SC(G2) 東京芝1400m
 このコースはレースの半分近くを最後の直線が占めることから、通常の1400mとは一線を画した、マイル以上の距離的な流れになります。京王杯SCの場合は中間緩むことが少なくなり、その分瞬発力の発揮する場が減ります。まぁこれは上の安田記念でも言えますが。今年はと言うと、例年と少し違いスタートから3F目で息が入りました(通常は4F)。それによってラスト800mからペースが上がる展開になり、京都マイルにかなり近い流れになったんです。このレース、先行して潰れたエーシンフォワード以外はプラス評価したいです。

マイラーズC(G2) 阪神(外)1600m
 シルポートが逃げ勝ったレースです。うまく前半ペースを落とし、自身34.3の脚を使って完勝しました。このレースは息の入る場所がラスト800地点と本番と同じなところが評価できますが、それ以外はむしろマイルCSと逆な流れと言えます。


ダービー卿CT(G3) 阪神(外)1600m
 このレースも上述のマイラーズCとほぼ同じ、流れになりました。むしろさらにテンが遅く息も十分入り瞬発力が活きた流れはマイナスです。


★注目馬
以上を踏まえて、今回のレースへ適性がありそうな馬をピックアップします!

△①フィフスペトル
 京王杯SCを差してメンバー3位の上がりを使うも0.4秒差の6着に甘んじている。その前にはダービー卿CTを先行して切れ負けしている。これらから、切れは足りないということがわかるが、スタートから流れて前半より後半にタイムがかかる展開はめっぽう強い。今回はシルポートがどう逃げるかによって取捨が変わってくるが、侮れない一頭。ただしG1、多頭数、内枠は今まで来れていないので、過度の期待は禁物。

◎③シルポート
 マイラーズCと京王杯SCを勝ちパターンに持ち込んでの好走。今回も得意のペース、つまりテン緩めに入って最後二の脚を使える展開にできれば一発のある存在。京都金杯の再現なるか。例年通りのマイルCSの流れになれば厳しい戦いを強いられるが、展開を作るのはこの馬。テン緩めに入って二の脚を使う余力を残すペースに持ち込めれば頭まである。

△④ライブコンサート
 京都マイルにめっぽう強く、昨年のこのレースもハイペースを好位で進んで5着に健闘。ただ近走は直線の長い競馬場で瞬発力を求められ、また苦手の後方からだったりと力を出せず不甲斐ない結果に。調教も動くようになっているので、すんなり先行できれば一発注意。


○⑧リアルインパクト
 毎日王冠と安田記念・NHKマイルCを好走できたことで、ペースに関係なく力があるところを示せた。右回りに一抹の不安が残るが力上位。


▲⑰リディル
 上述のスワンS勝ち馬で評価を下げたいが、それ以外に京都で多く好走していることから適性ではなく力で押し切ったと捉える。外枠からなのでちゃんとインに持ってこれるかがカギ。


(クリスエス)


コメントの投稿

非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。