TOP > スポンサー広告 > 競馬場&重賞コース分析・阪神D1800mTOP > コース分析(ダート) > 競馬場&重賞コース分析・阪神D1800m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


競馬場&重賞コース分析・阪神D1800m

 どうもクリスエスです。JCはブエナビスタとジャガーメイルを軸に据えながら、秋天の反動と大外枠を嫌ってトーセンジョーダンを外し大誤爆しました。今週もめげずに行きます!競馬場コース分析ダート編!!.....(´_`。)グスン


阪神D1800m分析・全クラス平均
 スタンド前からのスタートで、ここで思いっきり加速します。何しろ芝コースの1800mの2F目の平均ラップが11.29秒ですから、ダートで平均11.23秒加速するのは芝に例えればそれ以上にエネルギーを使っていることになります。まだ分析コースが少なく私も確かなことは言えませんが、これがダート競馬ならではの「テンで出せるだけスピードを出す」ってやつなんですかね。

 さてそんな猛加速も、ローカル以上にコーナー半径の小さい阪神の1・2コーナーに入るとパタッと止みます。2秒以上も減速してますから、まるで急停止ですね。そこで一旦息を入れたら、向正面を向くと同時にペースを上げます。途中から下り坂になっており、また3・4コーナーはコーナー半径が大きいことも手伝ってずっとダラダラ加速しっぱなしになります。

 スパートと言えるような部分はほとんどありまえんが、強いて言うならば下り坂が終わる4コーナー入口からです。スタートの急加速・停止と向正面からのノンストップの加速で、一杯いっぱいになっています。そこにさらにゴール前の上り坂があるので、めちゃくちゃスタミナがいるわけです。

ポイント
テンの加速に着いて行けるスピード
長く加速し続け最後の坂にも耐えるスタミナ




分析・JCダート
 こちらもやはりスタートからかなりの猛加速で行く点は同じです。しかしやはりG1、2コーナーで息が入る程度が低いんです。さらに向正面で再び急加速。さすがに3コーナーに入ると再び減速し息を入れますが、4コーナーから再び加速して最後の急坂をなんとか上ってゴールです。

 このレース最大の特徴は、レース中2回も息が入るめまぐるしいペース変化です。これにより大量のスタミナが消費され、先行馬には非常に厳しい流れになります。これまで馬券になった先行馬(道中4番手以内を追走)はトランセンドとエスポワールシチー、カネヒキリのみという事実を見れば良くわかりますね。どれも近年のダート界を代表する名馬中の名馬です。

 稍重で行われた去年は8番手と6番手からそれぞれ差してきたグロリアスノアとアドマイヤスバルが中断好位から馬券になっていますが、良馬場だった09年と08年はどちらも道中二けた番の位置取りから追い込んできた馬たちです。

ポイント
中途半端な先行馬は全消し!!



(クリスエス)



トラックバック

2011 ジャパンカップダート データ解析

過去10年は東京6回(2100メートル)、中山1回(1800メートル)、阪神3回(1800メートル)と条件は違うが、ダート王決定戦という位置づけは変わらないと判断して検討する。 ◆ 近況不振馬の巻き返しは困難  連対20頭中17頭が前走5着以内、14?...


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

No title

コース形態もそうですが、トランセンドかエスポ君が出たレースはたいがいついて行った先行馬が潰れて、なにか1頭差し馬を連れてくることが非常に多いです。
坂のあるコースならなおさらですよね。

阪神に舞台を移して以降、穴を出したゴールデンキャスト、メイショウトウコン、シルクメビウス、アドマイヤスバルに共通して言えることはダート中距離の混合G1で3着以内の実績がある差し馬ということです。

今年で言うとテスタマッタが該当し、意外と人気の盲点になりそうで非常に妙味があると思います。

休み明けは走らないので前走は度外視し、折り合いに不安があるので前半寄りのラップが想定されるのもプラスになるでしょう。

もなおかさん

 コメントありがとうございます。

 ペース変化が激しく、実際の距離よりも長い距離適性がいることが中距離実績の有無の話につながってくると思います。

 テスタマッタはnetkeibaの予想オッズで9人気となっています。
前走休み明けにしては上がり2番目の末脚を使えてましたし、35秒台なら先行もできるスピード持ってますから、
距離が伸びてかつ前が速くなりそうな今回は大いに期待できますね!
非公開コメント

Counter
Profiles

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。