TOP > スポンサー広告 > 【重賞コース分析&予想】朝日杯FSTOP > 重賞コース分析 > 【重賞コース分析&予想】朝日杯FS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【重賞コース分析&予想】朝日杯FS

いつものように施行コースの中山(外)1600mについて見てみましょう。


 2コーナーポケット発走が有名なこのコース。「すぐにコーナーに突入するので内枠が有利」というポイントは周知の事実ですね。

中山競馬場は2コーナーに丘がありそこからスタートするわけですから、スタートから下り坂になります。また向正面を通り3コーナー途中まで続くので、必然的にラップを釣り上げます。

その結果、中山競馬場は全国の1600mコースで最上級に中間が厳しい流れになるんです。これには3コーナーが「コーナー」と言いつつほとんど角度がないことも起因しています。

スパートは4コーナーからで、600mもありません。

朝日杯FSでは例年そこで0.6秒以上も加速しており、“一瞬の脚”が求められるわけです。そしてゴール前の坂でラップが下がり、ゴールです。

これらのことから狙うべきポイントは、一瞬で加速する瞬発力と、前半から速いペースでも最後またいい脚が使える底力を併せ持った馬です。



【注目馬】
③アルフレード
全2走共にスローの逃げ有利な展開を差し切った末脚は強烈で、加速性能はメンバー随一。デビュー戦で勝っている舞台で、内枠が引けた今回は頭までありそう。前傾ラップを経験してないことが唯一の懸念材料。

⑦クラレント
前述のアルフレードと違い、こちらは前傾ラップになった展開で好成績を出しているタイプ。朝日杯は例年前半3Fが後半3Fよりも約1秒速い展開になるのでこの馬には合うはず。

⑧ショウナンラムジ
もう1頭のダンスインザダーク産駒。前走とデビュー戦が明らかにキレ負けで、長い直線への不適合⇒短い直線への適合を臭わせる。特に2戦目の内容が良く、メンバー中最速の持ち時計1:33.4を記録。内容もラスト600m地点で息が入り400mからスパートするという朝日杯FSに合致した展開。目を見張るパフォーマンスがないので人気の盲点になりそうな今回は狙い目。

⑪マコトリヴァーサル
中山のように2コーナー過ぎから下り坂一辺倒になっている小倉で良績を残す本馬。特にメイショウハガクレ、ローレルブレットを子ども扱いしたデビュー戦は圧巻で、ラスト400mではいったん加速する荒業をやってのけた。デイリー杯はコースの途中にある上り坂でリズムを崩し、力が発揮できなかったが、短距離的な流れの中山なら。


(クリスエス)



トラックバック

【2011】朝日杯フューチュリティステークス 予想 クラレント

朝日杯フューチュリティステークスの予想です ◎ 07 クラレント うーん、前回が・・という感じはありますが、意外と小回りのほうが いいような気もしたりします。枠も絶好なだけに、このメンバーならば 巻き返せないでしょうか ○ 人気ブログランキングへ ...


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

参考になりました

どうもクリスエスさんお久しぶりです、クリスエスさんと本命対抗が一緒だったので嬉しいですね。
それとショウナンラムジはあまり期待していませんでしたが、おっしゃるように適性もあって枠もよく騎手もいいので好走する可能性もありますね。
参考にさせてもらって的中したいと思います、解説有難うございました。

No title

コメントどうもありがとうございます!

注目馬を挙げといて難なんですが、自分は分析はできてもそれを予想につなげる力がほとんどありません(ToT)

なのであくまで参考程度にしておいてください(苦笑)(笑)
非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。