TOP > スポンサー広告 > 【馬柱】フェブラリーSTOP > 馬柱(部員の印) > 【馬柱】フェブラリーS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【馬柱】フェブラリーS

フェブラリーS

慶應VS京大
フェブラリーSを的中をさせるのは!?

フ

慶應・不死鳥と京大・火拳は1番人気の◎トランセンドで一致。

“パドックの達人”こと慶應・クジキセキ◎ワンダーアキュートの逆転を狙う。

果たして結果はいかに!?



昨年のマイルCS◎▲○3連単279,410円的中!!
<<火拳の見解>>

本命は⑮トランセンド。このメンバーなら文句無しの主役。ただ、本質的にマイルはやや短いと思われ一瞬のスピードを生かすタイプに詰められる可能性はある。
対抗は⑪ダノンカモン。現ダート界の上位勢力で、叩き二走目で間違いなく変わってくる。
一発の魅力は、末脚が溜まったときの⑯テスタマッタ。折り合いに不安を残すタイプなだけに大外枠がどう出るかだが、一昨年のフェブラリーS二着の実績はダテではない。


<<クジキセキの見解>>

 ワンダーアキュートから入る。暮れの東京大賞典では勝ち馬に迫ったように自力強化は明白。芝スタートもよく、舞台設定を考えれば勝ち切るまであっても驚かない。穴で狙うはトウショウカズン。根岸Sの週のダートは差しが利く馬場だったが、その中で前で踏ん張った内容が立派。高齢馬より若い馬が活躍する本レースならば、勢いそのままに通用。馬券は三連複◎○二頭軸で▲△に三点勝負。


<<不死鳥の見解>>

 芝のダービーと並んで、荒れることが少ない(=紛れが極めて少ない実力通りの結果になりやすい傾向にある)GⅠであるフェブラリーS。人気でもここでは実力最上位◎トランセンドで断然。むしろ、横一線の相手探しの競馬。相手探しで重視したいのは距離短縮組。(03'の中山開催を除く)過去9年で距離短縮組は【8-9-5-52】と、距離延長・同距離組【1-0-4-63】に比べて圧倒的に良績を残している。今年の該当馬は3頭いるが、なかでも注目は前走でスマートファルコンと大接戦の○ワンダーアキュート。穴は同じく距離短縮組のヤマニンキングリー。2走前のJCダートは過去最大体重だったように重め残り、前走は大井の深いダートが合わなかったこと、と敗因ははっきりしている。3走前の初ダートだったシリウスSを圧勝しているように、2着争いならこのメンバーでも全く見劣りはしないし、アグネスデジタル産駒で舞台もぴったりなだけに、人気がないようなら面白い。



コメントの投稿

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

Counter
Profiles

VACATION

Author:VACATION
慶應義塾大学唯一の競馬サークルです。

  • お問い合わせ
keio.vacation@gmail.com

※必ず氏名・身分等をご記入ください。

  • サイト内検索
  • Twitter
keiovacationをフォローしましょう
  • RSS

最近記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

Articles
Links


Comments
Other Blogs
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。